自動車保険を
一括見積りで安くする!

自動車保険を安くするには

今の自動車保険は、あなたの現状にあっているか確かめてみませんか?

自動車保険は自動車を利用する方が万が一の時のために入っておくべき保険です。しかし、その保険料は決して安いとは言えないのが現状です。どうにかして、安くする方法が無いかと思っている方は多いのではないでしょうか?

とは言っても、毎年、自動車保険の更新の時期になると、あまり考慮せずに、「今年もこれで良かったから、来年も同じで良いかな」と思って、去年と同じ契約内容にしているのではないでしょうか?

これは、非常にもったいないです。

自動車保険の保険料は、保険会社によっても大きく違ってきますし、保障内容や付属するオプションによっても、ずいぶんと変わってきます。車両保険も、今と1年前とでは、だいぶ違って来ているのです。

ご自分の自動車の使用状況などに応じて上手に選べば、自動車保険の保険料は驚くほど安くなるのです。

しかし、自分の自動車の使い方やライフスタイルに合った自動車保険を見付けるには、数多くの自動車保険の見積りを取らなければなりません。それはかなり面倒ですよね。

通常、自動車保険の見積りを出してもらうには、保険代理店に出向かなければなりません。保険代理店で、保障内容等を検討して、やっと1社からの見積りを得ることが出来ます。しかも、保険代理店は生命保険なども扱っているのが通常ですから、他の保険の勧誘もされるかも知れません。これを上手に断って、やっと1社からの自動車保険の見積りが得られるのです。

保険代理店が開いていないと、見積りを出してもらうことは出来ませんから、必然的に、お仕事のお休みの日に保険代理店に出向くことになります。せっかくのお休みの日に、この様に、保険代理店を巡っても、多くて、1日に3社から自動車保険の見積りを得られれば多い方でしょう。

出来るだけ自動車保険の保険料を安くするには、出来るだけ数多くの自動車保険の見積りを取り寄せる必要があります。

せっかくの休日を丸1日かけても3社程度の見積りを得られるのでは、効率が悪すぎます。

そこで、注目したいのが、自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスとは?

自動車保険一括見積りサービスとは、文字通り、自動車保険の保険料の見積りを一括して行える、インターネット上のサービスです。

自動車保険の見積りに必要な情報を、たった1度だけ入力すれば、簡単に20社程度の自動車保険の見積りが瞬時に得られるのです。

自動車保険に見積りに必要な情報と言っても、難しいものではありません。免許証現在加入している自動車保険の保険証(または車検証)があれば充分です。入力には5分もあれば充分でしょう。

また、インターネット上のサービスですから、インターネットが使える環境であれば、24時間いつでも、どこでも、利用可能です。今はスマートフォンが普及していますから、本当にいつでも、どこでも利用することが出来ます。

保険代理店を廻るときのように、保険代理店が開いているかどうかを気にする必要は全く無いのです。

しかも、ご利用は全て完全無料です。

20社もの自動車保険の見積りが得られれば、それらを比較・検討すれば、自動車保険の保険料を大幅に安くすることが可能です。

もちろん、一番安い自動車保険が一番良いという訳ではありません。

保険は万が一の事故の時のためですから、保障内容が充分でないと意味がありません。つまり、必要な保障内容・オプションと保険料のバランスが重要だと言うことです。

その為にも、数多くの自動車保険の見積りを比較・検討することが大切になってくるのです。

それに最適、かつ、便利なのが、自動車保険一括見積りサービスというわけなのです。

自動車保険の更新の時期が間近に迫っている方だけでなく、更新はまだ先の方も、一度、自動車保険一括見積りで、保険料の見積りを取って見て、現在の保険料と比べてみて下さい。

保険料の違いに驚くと思いますよ!

自動車保険を車両保険から安くする方法

自動車保険は毎年かかってくるものです。少しでも減らせられればそれだけ生活が楽になります。

ここでは、自動車保険を車両保険から安くする方法について詳しく解説します。

年数が立っている自動車であれば、車両保険をエコノミーにすること

【車両保険のクラスとは】
・上級タイプ
・一般タイプ
・エコノミータイプ

以上の3種類の車両保険が基本的に自動車保険には用意されています。自動車を購入したばかりの時は、上級タイプでも構いません。残存の価値なども高いからです。

しかし、5年や6年も経っているのに、上級タイプの車両保険をつけているのは少し勿体無いことでもあります。中級クラス、またはエコノミークラスへの切り替えを検討しましょう。

また、元々の車両の価格が安い、といった場合には最初からエコノミークラスを選択する方法もあります。価値があまりない自動車に、手厚い保険をかけていても意味はありません。

車両保険をなくすことも検討すべき

・リスクが少ないと感じたらおすすめ

車両保険ですが、必ず付けなければならない、といったわけではありません。付けないでも良いのです。

ただ、車両保険を付けないと、単独事故のケースは修理費を10割負担しなければなりません。修理費をすべて支払わなければならないケースも出てくるわけです。

他の自動車との事故にあってしまった場合には、過失系の問題も出てくるので、必ずしも100%の負担になるわけではありません。

車両保険を付けないのは勇気がいることですが、自動車に乗る機会自体が少ない方は考えておくべきでしょう。

自動車保険を免責金額の設定から安くする方法

自動車保険を安くする方法を知りたければ、多角的に保険を見ることが必要になります。一方面からのみ見ていると、削れる部分が見えてこないこともあるのです。

ここでは、見落としがちになるケースが多い「免責金額」から自動車保険を安くする方法について解説します。

免責金額を高く設定することで保険を安くする

そもそも免責金額とは、事故を起こした時に自己負担する額になります。仮に保険金が100万円出るケースで、免責金額が10万円だったとします。その場合は、100万円から免責金額の10万円をマイナスされ、残りの90万円が支払われるわけです。

保険会社としては、免責金額が高ければ高いほどリスクが少ない、といった結果を生みます。ですから、保険料を安くしてくれるのです。

【免責金額の設定例】
・1回目の事故:0円、2回目の事故:10万円
・1回目の事故:5万円、2回目の事故:10万円
・1回目の事故:10万円、2回目の事故:10万円

以上のケースですが、一番上の「1回目の事故:0円、2回目の事故:10万円」が最も保険料が高くなってしまいます。1回目の事故は免責金額がないからです。

次に保険料が高いのが、「1回目の事故:5万円、2回目の事故:10万円」です。最も保険料は安いのが「1回目の事故:10万円、2回目の事故:10万円」となります。免責金額が最も大きいからです。

事故が起きた時だけ影響を受けるのが免責金額である

そもそも事故にあわなければ、免責金額は全く関係ありません。

事故にあうリスクが少ないと判断できるのであれば、免責金額を高く設定して保険料を抑えましょう

運転者を限定して自動車保険を安くする!

自動車保険を安くするために注目して欲しいのが運転者です。実は運転者を限定することで自動車保険がかなり安くなることもあるのです。

運転者の限定条件について

【運転者の限定条件の種類】
・限定条件なし
・家族のみの限定
・夫婦のみの限定
・本人のみの限定

1つの車を家族以外にもいろいろな人が運転する場合には、「限定条件なし」を選ぶことになります。しかし、家族以外に自分の自動車を運転させる、なんてことはほとんどありませんよね。ほとんどの方が、家族しか運転しないはずです。夫婦の二人暮らしであれば、夫婦のみの運転をしているはずです。また、一人暮らしをしているのであれば、自分しか運転していませんよね。

このように、ほとんどのケースで運転者を限定できるのです。限定できる場合は、限定しましょう。「限定条件なし」のまま契約してしまうと、かなり保険料を損することになります。

ちなみに保険料が最もお得になるのが、「本人のみの限定」です。次は「夫婦のみの限定」。さらに「家族のみの限定」と続きます。

運転者の限定条件の注意点

当たり前ですが、家族のみの限定にしているのに、友人に運転をさせて事故を起こしたら保険金は支払われません。

「限定条件なし」から他に変更した場合には、必ず運転者を実際に限定させましょう。事故は、いつなんどき起こるか分かりません。気をつけていても起きる時は起きてしまうのです。

限定しているのに、対象範囲外の人に運転させていたのに保険金が支払われない、という状態になってしまったら後悔しきれませんから注意して下さい。

走行距離から自動車保険を安くする

自動車保険を安く出来るチャンスとして、かなり重要な要素となっているのが、走行距離関連になります。走行距離を事前に把握できるのであれば、その走行距離に合わせて自動車保険を契約するのです。

実は、走行距離が少なければ少ないほど、保険料が安くなるシステムを採用している保険会社が多いのです。

走行距離割引とは?

【ある自動車保険業者の場合】
・年間走行距離が12,000キロ以上・・・割引なし
・年間走行距離が12,000キロ未満・・・わずかな割引あり

【ある自動車保険業者の場合】
・年間走行距離が10,000キロ以上・・・割引なし
・年間走行距離が8,000キロから10,000キロ未満・・・わずかな割引あり
・年間走行距離が5,000キロから8,000キロ未満・・・まずまずの割引あり
・年間走行距離が5,000キロ未満・・・大きな割引あり

走行距離が長い方に関しては、最初に記したような大雑把な走行距離によって保険料が決まる自動車保険業者がお勧めです。

一方で、一般的なご家庭であれば、年間で10,000キロを超えるような自動車の乗り方をすることはないと思ます。ほとんどの方が数千キロの利用だと思います。そんな方は、後者のタイプの自動車保険がおすすめです。

週末しか自動車を運転しない、という方は年間走行距離が5,000キロ未満であることも少なくありません。そんな場合は、大きな割引が期待できます。

長距離の運転をする人にはどうすれば良い?

・走行距離割引は無視すべき

仕方ありません。こちらの割引とは縁がなかったと思う他ありません。

他の割引で保険料の低減を目指しましょう。

年齢によって自動車保険を安くする

自動車保険の保険料と関ってくるのが年齢です。保険会社として、リスクの高い年齢とリスクが低い年齢を分けて考えているのです。あなたがリスクの低い年齢であれば、保険料を抑えることも可能です。

ここでは、自動車保険と年齢の関係性について解説します。少しでも自動車保険料を引き下げたい人は、ぜひ、参考にして下さい。

自動車保険業者が保険料を安くする年齢層とは?

・30歳以上
・35歳以上

基本的に30代以降であれば、保険料を引き下げてくれる確率が一気に高まります。

年齢と保険ですが、10歳刻みで価格を決定している業者もあります。また、1歳刻みで価格を決定しているところもあるのです。

業者によっても、あなたの年齢をどう判断するかは、かなり変わってくることもあるので、いくつかの業者に見積もり依頼するのもおすすめです。その上で、自分の年齢を最も高評価してくれるところを見つけ出すのです。

逆に自動車保険業者が保険料を高くしやすい年齢層とは?

・10代
・20代

なぜこの年齢層に対して厳しい判断を下すのかといえば、免許を取ったばかりだからです。一方で30代以上はベテラン運転手が多くなります。事故にあう確率が高い10代と20代、一方で、30代以降は事故にあう確率が低い、と保険業者は判断しているのです。

現状で10代や20代の方にとっては、残念な結果となってしまったかもしれません。しかし、誰でもいずれは30代になるわけです。その時に恩恵をうけることになるので、それまでは我慢しましょう。

ダイレクト型自動車保険で安くする

近年、自動車保険で注目されているのが、ダイレクト型自動車保険です。代理店タイプではないメリットがたくさんあるわけですが、実はダイレクト型自動車保険を選ぶこと自体が保険料を安くするコツになるのです。

ここではダイレクト型保険の実態について解説します。

ダイレクト型はコストを引き下げられる!

・代理店手数料なし!

代理店型の自動車保険は、代理店の利益が大きく関わってくるわけです。代理店も商売をしているのですから、保険料に自分たちの利益を上乗せしています。さらに、代理店は店舗を持っていますから、その店舗の賃料も、保険料に付加されているのです。

一方のダイレクト型自動車保険に関しては、代理店を間にはさみません。いわゆる仲介手数料がかからないような状態で、保険契約が結べるわけです。しかも、通販型と言われるように、店舗が各地に設けられているわけではありません。店舗経費が抑えられているのです。

・どれくらい安くなるのか?

個人差もあるのでなんとも言えませんが、代理店型保険からダイレクト型保険に切り替えただけで、年間20,000円から30,000円安くなった、というケースが多く報告されています。

単純計算で、10年で20万円から30万円の差です。30年で、60万円から90万円の差になるかもしれないわけです。いかにダイレクト型保険が有利であるかがわかると思います。

ダイレクト型保険には各種割引あり

・紹介割引
・インターネット割引
・エコカー割引
・継続割引など

様々な割引システムを用意しているところもあるのです。積極的に利用して、ダイレクト型自動車保険をさらにお得にしませんか?

自動車保険特約を削って安くする

自動車保険は、少しでも安くできたら嬉しいですよね。自動車に乗り続けるのであれば、ずっとお金がかかってくるわけです。そこで注目して欲しいのが、自動車保険特約です。

実際に様々な特約が付いているわけですが、どんなものは削って平気なのでしょうか?

カットしても大丈夫かもしれない特約例

・ファミリーバイク特約

これは、125cc以下のバイクを運転している時に起こした事故を補償できる特約です。バイク保険に入るよりはお得ですが、バイクに乗ってなかったり、乗るのをやめた、といった場合には、入っていても仕方のない特約です。

いらないと判断したら削りましょう。

・個人賠償責任補償特約

日常生活で起こる様々な事故を補償してくれます。他人の身体や物品に損害を与えてしまった場合に、損害賠償金を補償してくれるのです。

ただ、使われる可能性はかなり低い特約と言われています。そもそも自動車保険は自動車の保険です。わざわざ日常生活の補償までお願いする必要はないです。

・身の回り品補償特約

自動車内に積んでいた物品に問題が起こった場合、補償してくれる特約です。自動車内に高価なものを置いておかなければ、こちらの保証は必要ありません。カットしても問題ない特約の1つと判断出来ます。

面倒臭がらずに特約の見直しは常時行うこと

多くの方が、毎年同じ特約をつけ続けています。

生活環境も変われば必要になる特約も変わってくるものです。保険の契約をする時は、一つ一つの特約に必ず目を通して下さいね。そして自分自身に本当に必要あるかを考えることで、自動車保険を安く出来るのです。

自動車保険の一括見積もりサービスで安くする

自動車保険を少しでも安くしたいのであれば、一括見積もりサービスを利用するのが最も効果的です。

ここでは、一括見積もりサービスを利用すると、実際にどんなメリットがあるのか解説します。

価格比較が出来る

・A社・・・28,750円
・B社・・・35,600円
・C社・・・32,840円
・E社・・・30,240円
・D社・・・26,590円

このように、複数の業者から一度に見積結果を確認できるのです。その結果から分かるのが、

・自分自身の平均的な自動車保険額
・最も安い自動車保険額

の二つになります。

1社しか見積もりを受けなかった場合は、自分自身の自動車保険の相場も分かりません。さらにどの自動車保険が安いのか高いのかも判断できません。仮に1社しか見積もりを受けないで決めてしまえば、その保険料が高いのか安いのかもわからないのです。

自動車保険一括見積もりサービスの特徴とは

・ダイレクト型保険の見積もりが受けられる

もともと、保険料が安いダイレクト型自動車保険から見積もりをとれるメリットがあります。ちなみに、ある一括見積もりサービスでは、平均で25,000円も保険料が安くなった、といった実績もあるほどです。

・10社から20社に一括見積を依頼できる

自分が個別に10社から20社に見積もりを依頼するとしましょう。どれだけの労力になるでしょうか?時間もかかりますよね。しかし、一括見積もりサービスであれば、一回の情報入力で、同時に複数の見積もりを申し込めるわけです。こんなにお得なことはありませんよね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ